6/30(土)、7/1(日)朝のテレビ番組

最近コレステロール値が割と危険水域なので、今年の健康診断で動脈硬化の検査も追加してもらったところ、血管に関しては柔らか判定もらい一安心。頸動脈エコー検査も受けたいけど、行きつけの病院ではやってなくて残念。しかし暑い。夏じゃん。もう夏じゃん。せっかく日曜は映画の日なのに、都心に、あのヒートテック現象…じゃなくてヒートアイランド現象の本場、新宿に行くのはきつい。たぶん、映画見ながら寝ちゃう。暑くて。夏場の映画館て睡魔に襲われるよね(しかも寝ると気持ちいいんだこれが。苦笑)。ハンソロが公開され、予告以外の映像も出回り始めた結果、イメージに近い表情のシーンもいろいろ出てきて、だいぶ新しいハンソロを受け入れる心の余裕が出てきたような気がしないでもないが、まずは『万引き家族』を観に行くのが先だ。


土曜日。夜6時「ザ・インタビュー」に椎名桔平(サッカーの元国体選手、「ヌードの夜」出演時の話など)。ロシアW杯決勝Tスタートで夜10時〜フランス×アルゼンチン(TBS)。WOWOWシネマで夜8時〜『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、夜10:15『ちょっと今から仕事やめてくる』初放送。

夜5:30-9:50
WOWOWプライム『B'z Music Video Collection』
“デビュー30周年を迎えるB'zのスペシャル番組。1988年リリースの1st シングル「だからその手を離して」から、最新の53rd シングル「声明 / Still Alive」まで、これまでリリースされたシングル曲のミュージックビデオを一挙放送。30年の軌跡を彩った楽曲の数々を堪能できる。”


夜6:00-6:30
テレビ朝日人生の楽園 幸せの手作りジャム〜三重・伊賀市[』
三重県伊賀市に移住し、花に囲まれた手作りジャム店を始めた高濱みつ子さん(70歳)。自家栽培する西アフリカ原産のナス科の一年草、ガーデンハックルベリーのジャムとは!?”


夜6:30-7:00
テレビ朝日『ごはんジャパン 本物を探す旅へ〜千葉県館山 超甘いトウモロコシでコーンピザ〜』
※健康診断が終わった途端、食に走るってどうなの?


夜7:00-9:00
フジテレビ『映っちゃった映像GP』[怪]
“第9弾!“国内外のUFO/UMA/心霊"ショート映像。福島県在住の将棋好き少年から「UFOを見た!」という情報を入手。実際に確かめに行ってみた! ◆香港滞在中のしょこたんこと中川翔子が偶然見てしまったものとは!? ◆これまで1万6千回もUFOを撮影した経験があるというイタリアのアントニオ氏。彼の撮影に番組取材スタッフが同行したところ、今回もまた見事UFOの撮影に成功した!◆約200年前、とある事件を理由に逮捕され、そのきっかけとなったマリー・アントワネットに最後まで強い怨念を抱きながら獄死した「カリオストロ伯爵」。その頭がい骨は、いまだに見つかっていないという・・・。実際に彼が幽閉されていた独房に足を踏み入れた遼河はるひの体に起こった異変とは!?そして、そのわけとは!?”
【MC】 ヒロミ  【スタジオゲスト】 井森美幸  藤田ニコル  遼河はるひ


夜8:00-10:45
WOWOWライブ『舞台「密やかな結晶」石原さとみ×村上虹郎×鈴木浩介
石原さとみが約4年ぶりに出演した2018年の舞台。芥川賞作家、小川洋子による小説「密やかな結晶」を原作に、鄭義信による脚本・演出で舞台化した珠玉の作品。”
【原作】小川洋子「密やかな結晶」(講談社文庫) 【脚本・演出】鄭義信(「焼肉ドラゴン」) 【企画制作】ホリプロ 【出演】石原さとみ村上虹郎鈴木浩介、藤原季節、山田ジェームス武、福山康平、風間由次郎、江戸川萬時、益山寛司、キキ花香、山村涼子、山内圭哉ベンガル


夜9:00-9:45
BS1BS1スペシャル「新しく 日本らしく〜和太鼓エンタメ集団 DRUM TAO」』
“大分を中心に活動する和太鼓エンタメ集団「ドラムタオ」。これまで和太鼓のイメージを覆す斬新な舞台を次々と生み出してきた。今やその人気は日本だけではない。世界25か国で公演、のべ700万人を動員してきた。今年5月、そんな「ドラムタオ」がこれまでにない舞台に挑んだ。それは、世界最高峰のロシアのボリショイバレエとの競演。はたしてどんな舞台になるのか。和太鼓の可能性に挑み続ける「ドラムタオ」に密着した。”
【ナレーション】夏木マリ


夜9:00-11:10
フジテレビ『土曜プレミアム・ギリギリ昔話整形した女性・・・あいのりカップルの今は?』
“かつて整形バラエティー番組として人気だった『ビューティー・コロシアム』で美しくなった女性たちは、その後も美貌を保っているのでしょうか?幸せに暮らしているのでしょうか?取材班が徹底リサーチ、彼女たちの当時の経験を貴重な昔話として聞くだけでなく、今を追いかけます。伝説の番組といえばラブワゴンで世界を旅しながら恋愛していく『あいのり』が今も人気ですが、過去に番組でキスをし見事カップルになったふたりのその後は?帰国した数々のカップルを総力取材、意外な結末を迎えた若者たちにスタジオも大興奮! ”
【進行】 ブラックマヨネーズ  山崎夕貴(フジテレビアナウンサー)  【ゲスト】 井上咲楽  菊地亜美  久保史緒里(乃木坂46)  籠谷さくら  ヒロミ  森崎ウィン 
※『ビューティー・コロシアム』懐かしい。割と顔よりも性格について説教されてた人もいたよね(あとヘアメイク変えるだけでよかったのに何故かついでにパッチリ二重手術までされちゃうとかw)。単なる愚痴だけど、ゴマキの顔がついに臨界点を超えてきて悲しい。何故、途中で止められなかったのかの殿堂入りはピート・バーンズとして、こないだまで恭子御姉様、釈ちゃん、メグ・ライアンを三大何故?にあげてたけど、しばらくはメグからゴマキに変えるは。今度こそここで止めてほしい。というかいまこそ、しくじり先生夏菜を呼んで、元に戻すっていう選択肢があることを広く訴えてほしいわ。


R夜10:00-10:50
NHK-FM『FMシアター ステップファミリー・ビギナーズ』
“3組に1組が離婚し、4組に1組が再婚する現代。子連れ再婚、つまり血縁のない親と子が再婚によって家族になる「ステップファミリー」。この言葉はもともと日本より2倍近い離婚率を誇るアメリカで生まれ、合理的な新しいファミリー像に基づいている。アメリカ式ステップファミリーをいち早くとりいれ、互いに再婚で子連れという、つぎはぎ婚カップルが、新時代の家族のあり方を見つけようと、苦心惨憺のあげくにやっと自分達の問題が見えてくる。現代式家族像探求ドラマ。”
【作】藤沢秋【出演】片岡礼子 寿大聡 秋枝一愛 松本惣己
※関係ないけど『6歳のぼくが大人になるまで』って洋画で、主人公がまだ子供のとき、母が子連れの男性と再婚するんだけど、優しいと思ってた新しい父がしばらくして家族に暴力を振るい始めるのね。んで、我慢の限界が来た母は子供たちを連れて家から逃げ出す決意をするんだけど、共に家族として過ごし一緒に暴力にさらされていた男性の連れ子たちは主人公たちと一緒に逃げることができない、血縁関係のない子を連れて逃げ出すと誘拐で逆に訴えられるから置いていくしかなく、その後彼らがどうなったのかわからないまま話が進んでゆくっていうなんかもやもやしたエピソードがあって、ステップファミリーって言葉を聞くといつも思い出すんだよねえ。


夜10:10-11:00
NHK『SONGSスペシャル「宇多田ヒカル」』
宇多田ヒカル待望の新曲をどこよりも早く披露!「初恋」「Play A Love Song」「あなた」。また芥川賞作家の芸人・又吉直樹との初対談が実現。宇多田が「今、話してみたい」と名前を挙げた又吉と、言葉の表現者同士宇多田ヒカルの歌詞の魅力についてじっくりと語りあう。さらに小田和正水野良樹いきものがかり)からメッセージも。今年デビュー20周年を迎えた宇多田ヒカルの魅力をじっくりと届けます!”
【出演】宇多田ヒカル小田和正又吉直樹水野良樹若林恵


夜11:05-11:50
NHK『猫にまた旅〜椎名林檎MIKIKO西加奈子 ロシアを行く〜[』
椎名林檎(音楽家)・MIKIKO(演出振付家)・西加奈子(小説家)の仲良し3人が、サッカーワールドカップに沸くロシアを行く。3人にとって初の旅番組。”


深夜1:45-2:10
テレビ東京『ゴッドタン ▽大熱狂!マジ歌横アリ完結編!』

夜7:30〜NHK土曜ドラマ バカボンのパパよりバカなパパ』(【原作】赤塚りえ子,【脚本】小松江里子【出演】玉山鉄二比嘉愛未長谷川京子森川葵馬場徹駿河太郎,マギー,浅香航大,井藤瞬,千代將太,駒木根隆介,押元奈緒子,草笛光子,住田萌乃,【語り】松尾スズキ)放送スタート。



日曜日。朝。

朝7:00-7:30
フジテレビ『ボクらの時代』
【出演】渡辺直美×篠原涼子×小池栄子(後編)



朝7:00-7:30
TBS『健康カプセル!ゲンキの時間[解][字]【驚異の「ひざ裏伸ばし」健康法】』
“「肩こり」「腰痛」「股関節の痛み」「疲れやすい」など年を重ねると、身体のあちこちに様々な不調が現れますが、改善の鍵を握るのは「ひざ裏」にあるのです。 今回は、「ひざ裏」の硬さが不調を引き起こすメカニズムを実験で検証、そして、一日たった3分でできる改善法を紹介します。▼柔軟性抜群!80歳オーバーのスーパーご長寿 ▼寝たきり寸前から立ち直る!注目ポイントは「ひざ裏」 ▼運動連鎖!「ひざ裏」の硬さが様々な不調を生み出す ▼スーパーご長寿も実践!壁ドンストレッチ ▼一日3分!4日で効果抜群!?カチコチ「ひざ裏」が柔らか、姿勢が改善”


朝9:00-9:45
Eテレ日曜美術館「熱烈! 傑作ダンギ アンリ・ルソー」』
“19世紀末にパリの税関で働きながら独学で絵を描き始めたアンリ・ルソー。斬新な構図や遠近法など気にしない「ヘタウマ」的な作品は当時酷評されたが、めげずにその世界観を貫いた。後にピカソは純粋無垢なルソーの絵を絶賛した。スタジオにはルソー好きの女優の鶴田真由、ミュージシャンのグローバー、そして研究者が集結!何が不思議なのか?なぜそんな絵を描いたのか?謎めいたルソーの心理を類推し、作品の魅力を語り尽くす。”
【ゲスト】世田谷美術館学芸員…遠藤望,鶴田真由グローバー【司会】小野正嗣高橋美鈴
※ぶらぶら美術・博物館はアンリ・ルソーの回が大変面白かったのでまた再放送して。ほんと「人形を抱くこども」とかいつ見てもフットボールアワーののんちゃんを思い出す。
関連過去記事:BS日テレ「ぶらぶら美術・博物館 こども展」トーク、山田五郎が語るヘタウマの天才“アンリ・ルソー”