フジテレビがFNS27時間テレビ江原問題について最終見解を出す

(※この記事は4月3日に書いています)

フジテレビ:江原さん出演番組「非科学的」と誤り認める(@毎日jp)


フジテレビは2日、昨年7月に放送した「FNS27時間テレビ」の中でスピリチュアルカウンセラー(霊能師)の江原啓之ひろゆき)さんが一般女性の同意を得ずにカウンセリングしたことについて、「一番の問題点は非科学的、荒唐無稽(こうとうむけい)な霊視を番組の中核に置いたこと」と、番組制作の誤りを認める報告書を同局のホームページで公表した。


 番組のコーナー「ハッピー筋斗雲」では、江原さんが「女性の亡くなった父の声」とする言葉を基に女性を批判。フジは報告書で、「霊視を断定や信じ込ませる取り扱いはしていないが、全体として肯定的に扱っているとの批判は免れがたい。バラエティー番組だから許されるレベルの問題ではない」とした。


この番組をめぐっては「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の放送倫理検証委員会が今年1月、「『おもしろさ』『わかりやすさ』をよりどころとし、出演者の生活への影響を考えていない」と批判する意見書をまとめている。【丸山進】

おお! 「荒唐無稽(こうとうむけい)な霊視」って言い切ったね。さーて、これがどのあたりまで飛び火するかだな。ほん怖SPまで含まれるのか。


-追記-
↓こちらは同じ記者が書いた新聞掲載用(?)記事(※↑はネット向け)。微妙に違うのが面白い。

フジテレビ:「霊視は荒唐無稽」 江原啓之さん出演番組、制作の誤り認める(@毎日新聞)


フジテレビは2日、昨年7月に放送した「FNS27時間テレビ」の中でスピリチュアルカウンセラー(霊能師)の江原啓之ひろゆき)さんが女性の同意を得ずにカウンセリングしたことについて、「一番の問題点は非科学的、荒唐無稽(こうとうむけい)な霊視を番組の中核に置いたこと」と、番組制作の誤りを認める報告書をホームページで公表した。


番組のコーナー「ハッピー筋斗雲」では、江原さんが「女性の亡くなった父の声」とする言葉を基に女性を批判。フジは報告書で、「霊視を全体として肯定的に扱っているとの批判は免れがたい。バラエティー番組だから許されるレベルの問題ではない」とした。


放送倫理・番組向上機構」(BPO)の放送倫理検証委員会が今年1月、「『おもしろさ』『わかりやすさ』をよりどころとし、出演者の生活への影響を考えていない」とする意見書をまとめている。【丸山進】

文字数制限もあるだろうけど、新聞の方は「霊視を断定や信じ込ませる取り扱いはしていないが」の部分がざっくり削られ、見出しもより煽情的なものがチョイスされてるね(←いや、見出しは毎日jpの判断か)。


-追記(12:45)-
あれ? ↑の毎日新聞の方がリンク先から消えた。しかもその上のネット向け記事もいま見たら内容が大幅に変わってるけど何故?

フジテレビ:江原さん出演番組で報告書公表(@毎日jp)


フジテレビは2日、昨年7月に放送した「FNS27時間テレビ」の中でスピリチュアルカウンセラー(霊能師)の江原啓之ひろゆき)さんが一般女性の同意を得ずにカウンセリングしたことについて、報告書を同局のホームページで公表した。


番組のコーナー「ハッピー筋斗雲」では、江原さんが「女性の亡くなった父の声」とする言葉を基に女性を批判している。


この番組をめぐっては「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の放送倫理検証委員会が今年1月、「『おもしろさ』『わかりやすさ』をよりどころとし、出演者の生活への影響を考えていない」と批判する意見書をまとめている。【丸山進】