『追悼のざわめき』を観た(@イメージフォーラム)

地下のスクリーンで7割ほどの入り。開場時は圧倒的に男性客が多かったけど、最終的に4割ぐらい女性だったのかな? 


映画の詳細は以下の通り。

『追悼のざわめき(デジタルリマスター版)』 9/1(土)〜10/19(金)まで


【監督・脚本】松井良彦【撮影】手塚義治/村川聡/井川義之
【出演】佐野和宏/仲井まみ子/隈井士門/村田友紀子/大須賀勇/日野利彦/白藤茜/皆渡静雄/高瀬泰司
150min/1985(2007)年
□上映館: 渋谷イメージフォーラム(20:30〜レイトショー)


【STORY】大阪市南部、若い女性たちの惨殺事件が続発する。被害者たちは下腹部を切り裂かれ、生殖器が持ち去られていた。犯人は廃墟ビルの屋上で暮らす孤独な青年、誠(佐野和宏)。彼は「菜穂子」と名付けられたマネキンを愛し「愛の結晶」が誕生することを夢想していた。次々に若い女性を惨殺し、奪った子宮を「菜穂子」に埋め込み、そして、愛した。やがて彼女に不思議な生命が宿り始める、様々な人間が廃墟ビル=「廃境」へと引き込まれてゆく。現実の街並みはいつしか時間を失い、傷痍軍人や浮浪者など、敗戦直後を思わせるグロテスクなキャラクターが彷徨し始める。純粋に二人だけの世界で生きてきた幼く美しい一組の兄と妹(隈井士門、村田友紀子)。彼らもまた「菜穂子」がいる廃墟へと導かれてゆく。幼い妹は「菜穂子」に「母」の面影を観る。兄はその姿に激しく「性」を感じる。そのとき、廃墟ビルに引き込まれた人々に残酷な運命が訪れる……。

初回限定生産 追悼のざわめき デジタルリマスター版 スペシャル・エディション(3枚組) [DVD]

初回限定生産 追悼のざわめき デジタルリマスター版 スペシャル・エディション(3枚組) [DVD]

『追悼のざわめき』公式ブログ

『錆びた缶空』『豚鶏心中』の松井良彦*1が撮った1988年公開の伝説のカルト作品『追悼のざわめき』のデジタルリマスター版。単なるデジタルバージョンかと思いきや「オリジナルとは別物になればいい」との思いから新たにミュージシャン・上田現による楽曲が追加されています。


んで感想。


前半はやや停滞した時間が流れるものの、近親相姦の果てに起こった痛ましい悲劇を境に、それぞれの物語が大きく動き出す。恋に破れたある者は女性の下腹部に似た木の股を見て嘆き、ささいな幸せを求めていたある者にはあっけない死が訪れ、愛する者を失ったある者はその屍肉を喰らい、同情と嘲笑を従順に受け入れてきたある者は恋心が潰えた瞬間全てを壊し街へと飛び出す。特にラストのゲリラ撮影(にしか見えない映像)にはいろいろと考えさせられる。単身乗り込み実行した役者の頑張りに拍手を送りたい(舞台挨拶にも来たんだよね。行けば良かった)。


猟奇殺人、近親相姦、障碍者、差別、カニバリズムといったタブーを重ね着し、グロテスクな容貌をウリに宣伝展開している本作だけれど、石井輝男の『恐怖奇形人間』同様、物語の進行と共に立ち上ってくるのは、社会から阻害された異形の者たちの「悲しみ」や「切なさ」であり、綴られていたのはピュアで不器用な者たちの「ラブストーリー」だった。メルヘンでファンタジー。ロマンティックでセンチメンタル。「残酷で美しいおとぎばなし」と言ってしまえば簡単だけど、そこに《恍惚》といった要素は含まれず、グロテスクな様相に反し、とても「ピュア」で「綺麗」な映画だった。女性客が多い理由も頷ける。出てくる少女があまりに色っぽいのでロリコンの人は観るの禁止(「ボクもこんな子と…」って思われそうでシャレにならない。尚、20年も前の映画だから既にこの少女も三十路の女性です)。


若かりし頃の佐野和宏が衝撃的なほどにカッコイイ。いや、今もカッコイイですよ、それはね。でも、年輪を経て酸いも甘いも裏も表も知った《オヤジ》の格好良さとは別物。公園で物乞いをしてるエセ傷痍軍人に近づいてゆく時の歩くさま、それを捉えた後ろからのショットがあまりに格好良く、様々な場面で見せる愛する者へのピュアで一途な想いにクラクラした。


ちらし読んでるだけだと誤解があるかもしれないので、彼の演じた「石川」という男の人物描写が「かなり意外なものだった」ということは強く言っておかねばならないと思う。この男は、女を殺し、その腹を切り裂いて奪った女性器を愛するマネキンの下腹部に埋め込んで夜な夜なセックスを繰り返すという、聞くにおぞましい「異常性癖」の持ち主なわけだけど、観てるうちにその印象はガラリと変わってゆく。彼のやっていることは確かに猟奇的でキチガイ地味てはいるが、そういった行動に駆り立てているものがあまりに「純粋」過ぎて「大マジメ」であるが故に《異常》とは思えなくなってくる。何より、「あの」マネキンなら惚れても仕方がないという妙な説得力があるんだ。それぐらい魅力的なマネキンが相手役として出演しており、佐野和宏やホームレスとの濡れ場も見事に演じきっているわけですよ。これは一見の価値あり。


以下、ネタバレします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


小人症の妹・夏子から誘われたときに見せた石川の激しい拒絶ぶり(その後すぐ詫びるところに彼の人間性が垣間見える)を見ると、彼は、ある種の潔癖性なのかもしれないなあと思った。女性の容姿(?)に対して。石川は衰えることのない完璧な美貌を備えたマネキンの彼女と図らずも出会ってしまい、一瞬で恋に落ちるわけだけど、そこまではまあよくある話だ。面白いのは、それでいて彼は普通の幸せを求めているんだよね。好きな女と共に暮らし子供を持ち家庭を築くというフツーの幸せ。女性器を彼女に装着させたのも、快楽のためではなく、純粋に子供が欲しかったからじゃないんだろうか。彼女との子供が欲しい。でも彼女に子供を宿す機能はない。だから生身の女の生殖器が必要だった。その証拠に、セックスが終わる度に、彼はマッチ棒を1本積み上げる。それが段々と家の形に仕上がってゆく。おそらく将来暮らすマイホームなのだろう。彼女に子供が出来ると、お金を稼ぐために小人症の兄妹が経営する会社に勤め始める。女性誌で彼女に似合いそうな服を選び、街の洋品店でそれに近いワンピースを探し、生まれてくる子供の名前を考え、「女の子だから晴れた海で晴海だな」なんてうきうきしながら彼女の待つ廃墟に戻ると、ほんとにキレイで美しい女の子が生まれていたんだ。でも、死産だった。血だらけの海の中で、生まれたばかりの愛娘は冷たくなっていた。仕方なく彼はもう一度マネキンの彼女とのセックスにいそしむ。そして彼女はまた子供を孕む。しかし、我が子を目にすることもなく、彼はあっけなく、ほんとにあっけなく死んでしまった。


思い出したのが、『三月のライオン』。この映画のラストでは主人公たちにある種のハッピーエンドが訪れる。それを、出来ることならこの石川にも味あわせてあげたかった。ホンモノの生身の女の赤ちゃんを腕に抱いた彼の嬉しそうな顔が見てみたかったし、そういう展開を期待したんだけれど。。。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ネタバレ終了


余談になるが、《ファンタジー》のいいところって「奇跡が起こせる」ところだと思う。現実世界では無理だけど、ファンタジーであれば奇跡で誰かを救うことができるし、それによって現実世界すらも変えることができるかもしれない。そういったささやかな「希望」がファンタジーに無限のチカラを与えてくれる。


・・・なんか尻切れトンボになった。ま、いっか。妹を負ぶってケンパするシーンは音楽無い方が良かったかも。それから食人シーンについてはそこにあまり意味が見い出せず「ただグロいだけ」の映像に終わってしまってるのが惜しい(無くてもいいかな)。


本編上映前に監督の次回作『どこに行くの?』(ユーロスペースで11月レイトショー)の予告を見ることができた。バイクに乗って疾走する若い男女。モノクロ映像で綴った「恋愛映画」(柏原収史主演)という感じで、『追悼〜』観たらすごく楽しみになった(劇場でちらしも入手可能。既に読まれた方はご存じかと思うけど、煽り文句がスゴイことに。「開国してください。身も心も開発してください。心臓の弱い人は疎開してください。世界が拒絶したラブ・ストーリー。本当とんでもないラブ・ストーリーです」ってどんだけ〜w)。


関連:

映画が私を変えた: 『追悼のざわめき』&小人症の妹

映画が私を変えた: 『追悼のざわめき』&小人症の妹


*1:現在、最新作となる『どこに行くの?』の編集中