『鉄人28号』まもなく公開(3/19〜4/15まで)

昨年急逝された横山光輝原作による実写版『鉄人28号』が明日から公開される。監督は『ごめん』『星に願いを。』の富樫森。主人公の正太郎を演じるのは『ラスト・サムライ』で注目を浴びた子役・池松壮亮。音楽は昨年テレビ東京で放送されたアニメ「鉄人28号」と同じ千住明が担当。個人的には最初に配布されたちらし(鉄人が影のみ映ってるヤツ)の方が好きなんだけど、どっかいっちゃたので最新バージョンのみUP(追記:見つかったのでUPしました)。お金のある人は、正太郎気分で操縦できる鉄人28号も発売中なので併せてどうぞ(詳しくはこちら)。

『鉄人28号』 3/19(土)〜
 


【監督】冨樫森【脚本】斉藤ひろし/山田耕太【撮影】山本英夫【音楽】千住明【視覚効果】松本肇
【出演】池松壮亮/蒼井優/香川照之/中村嘉葎雄/川原亜矢子/柄本明/薬師丸ひろ子/阿部寛/高岡蒼佑/伊武雅刀/西田尚美/北川智子/水上竜士/村松利史/矢沢心/ささの友間/栗原卓也/森田直幸/鈴木一功/諏訪太朗/森羅万象/田中麗奈/妻夫木聡
113min/2004年
□上映館:新宿シネマミラノ渋谷アミューズCQN


男の子は冒険して成長する



【STORY】大都市・東京で、突如サイバーテロが発生。首謀者・ゼロ(香川照之)の目的は、自らが開発したバイオコンピュータで理想郷をつくりあげることだった。巨大破壊ロボット「ブラックオックス」により、街は次々と破壊され、日本中はパニックに陥った。そんな中、母・陽子(薬師丸ひろ子)と二人暮らしの小学生・金田正太郎池松壮亮)の元に、見知らぬ老人・綾部(中村嘉葎雄)から一本の電話が入る。彼から亡き父・正一郎(阿部寛)が遺した「鉄人28号」の存在を知らされた正太郎は、鉄人28号を操縦してブラックオックスと戦うよう説得を受ける。とまどいながらもブラックオックスに立ち向かう決心をする正太郎。父の遺言、母の愛情、友達の勇気、そして、天才科学者・立花真美(蒼井優)による鉄人28号のパワーアップ。あらゆる期待を一身に背負い、正太郎は鉄人28号とともに悪に立ち向かう……。


新宿シネマミラノにて、3/19(土)13:45の回上映後に初日舞台挨拶あり。ゲストは池松壮亮蒼井優松本肇(視覚効果)、冨樫森監督を予定。


MAKING of 鉄人28号 [DVD]

MAKING of 鉄人28号 [DVD]


【関連記事】
冨樫森監督インタビュー
ロケ地となった岡山県での監督記者会見(※動画)
プロデューサー・佐倉寛二郎インタビュー
完成披露記者会見&舞台挨拶1
ワールドプレミア舞台挨拶(東京国際ファンタスティック映画祭)