『箪笥』を観た(@新宿シネマミラノ)

観てきました。20代のカップルを中心に7割ぐらいの入り。前の回が終わるまでロビーで待ってたんだけど、劇場の係り員が「お待ちの間はお静かに願いまーす」と叫ぶも、誰も聞いてやしないのが歌舞伎町らしいなと思った(笑)。


箪笥 [DVD]


映画の詳細は以前の日記を参照。


監督のキム・ジウンは、前回『memories(THREE/臨死)』でダメダメな心霊描写を見せた人なので、その点については全く期待してなかったんだけど、こっちの方が全然良かったです。もちろん、あいかわらず根本的なとこをわかってないので、心霊ホラーからとっとと手を引いて欲しい気持ちには変わりないんだけど、それだって別に「キム・ジウン憎し!」という気持ちからではないんだよね。この人、映像のセンスはいいの。特に今回は美術も音楽も良かった。でも、相変わらず心霊描写を単なる恐怖アイテムとしかとらえてないから、平気でつじつまの合わないことをしてくる。そこがむかつく(笑)。本作の醍醐味といえば、次第に狂気をエスカレートさせてゆく姉と継母、そしてそれに怯える可哀想な妹、この3人の描写にあるわけで、心霊抜きでも全然成立する話。だからこそ心霊抜きで作り込んで欲しかった。そこが惜しい。


韓国ホラーの描写でちょっと日本は勝てないぞっていうのが2つある。ひとつは容赦ない暴力描写。もうひとつは「興奮しすぎて死ぬんじゃないか?」ってほどのヒステリックで狂信的な怒りの発露。これはねえ、日本の女優さんじゃ無理です。今回も姉役のイム・スジョン、継母役のヨム・ジョンア、共に凄かった。この二人、話が進むほどにどんどん似てくるんだよねえ(笑)。特にヨム・ジョンア! 彼女はとても良くて、目つきは完全に逝っちゃってるし、最初の登場シーンなどは、廊下を歩いてくる足取りからしてこの世のものとは思えない。声色や喋り方も普段の喋り方とは全然違い、人をいらつかせるようにかなり作り込んである。ステキです。


女優さんの演技が上手すぎるので、それらが全部伏線となり、謎は割と早くに察しがついてしまう。ラストは、音楽が明るいので、もっと妹の悲愴さを煽ってくれても良かったかなと。関係ないが、お父さん役の人は大杉蓮に似てますね(笑)。


思うんだけど、韓国はストーカーやサイコパスものには興味がないのだろうか。『座敷女』や『洗礼』みたいに、女性の狂信的な執着や狂気を全面に押し出した作品の方が絶対向いてると思うので、一度誰かお願いします