人体

10年経ったら意外とポピュラーになってた世界の奇病「頭内爆発音症候群」

世界にはごく一部の人だけが体験してる不思議な病というのがあります。幼少の頃よりブラックジャックを愛読してる身としてはその手の話には目がないのだけど、その中でも非常にファーストインパクトの強かった奇病に「頭内爆発音症候群」というのがありまし…

37度キープで風邪を治す

風邪の季節到来。でも今回は、市販の薬じゃなかなか治らないから風邪引いたら即医者に行って症状に合わせたピンポイント投薬主義の私が医者に行くことなく短期で治した。やっぱ風邪の引き始めに風呂と飯とあったか飲み物で体温37度以上維持→活性酸素血中放出…

未来は想像力によって作られ、過去は・・・

今年の1月3日に放送されたTBS「チンパンジーが教えてくれる希望の秘密」をようやく見た。アイちゃんっていう非常に頭のいいチンパンジーがいることで有名な京都大学霊長類研究所のさまざまな実験を通し、人間の心がどのように進化していったのか紐解く番組…

年をとると怒りっぽくなるっていうけれど・・・

ここ3年の間に脳梗塞で入院した知人が二人いるんだけど、どちらも60過ぎで、その1年ぐらい前から突然ちょっとしたことで激昂するようになったっていう共通点があったんだよね。どれぐらいの激昂かっていうと、それまでなら「まあ、誰だってうっかりミス…

BS-TBS『宮崎哲弥 こころのすがた』トーク、養老孟司

2011年1月23日に放送された法医学者・養老孟司センセと社会学者・宮崎哲弥さんの対談。「人間は環境の内部なのか?外部なのか?」「意識と行動はどちらが先か」「死者と生者の線引き」「意識は常に“同じ私だよ”と言ってくれる」など非常に興味深い話が次々と…

ピンクの悪魔、コーラックに再挑戦

便秘というわけではないのだが、胃腸の膨満感がひどいので1回腸内をリセットするためコーラック飲んだ。「便秘薬といえばコーラック」というだけの理由で買ったコーラック。でも、これ、飲んだ人しか知らないだろうけど、「地獄を見た」「吐き気と激痛で死ぬ…

ああ、風邪ひいてもうた...orz

こんなことなら日曜に『超・悪人』観に行けばよかった(後悔)。今週はようやく定時で上がれる生活に戻れるっていうから映画に行く計画いっぱい立ててたのに全てパアですよ。まさか大根おろしアレルギーで弱った粘膜が猛攻撃喰らうとはおもわんかった。昨日…

ハーゲンス博士の「BodyWorlds」と米国プレミア・エキシビション社「BODIES展」との関係

人体標本展に関しては、近年バッタモンがいろいろ出てまして、現在日本各地を巡業してる「人体の不思議展」はハーゲンス博士のとことは別物の後発展です。また、「中国の死刑囚の遺体を使ってるのでは?」という疑惑が持ち上がっているのはハーゲンス博士が…

ハーゲンス博士、人体標本製作を実演

いろいろ検索したら他にも出てきたのでついでに。2009年6月に出たニュース。何度も言いますが、リンク先にはもれなく写真がついてくるのでグロいのが苦手な方はご注意を(等身大の土粘土人形に見えるかもしれませんが人間です)。 「プラスティネーション」…

ハーゲンス博士、人体標本をネット販売しようとしてまた怒られる

昨年の10月に出たニュース。ハーゲンスネタはコンプリートしようと心に決めてたのに忙しさにかまけてすっかり放置してた話題を今更ながら捕獲しときます。 「Dr.Death」ハーゲンスが、プラスティネーション処理した人体のネット販売を計画―ドイツ(@HEAVEN…

あのハーゲンス博士がパーキンソン病の末期患者であることを自ら告白

お久しぶりですハーゲンス博士! 6年も前に書いたハーゲンス博士のエントリがいまさらブックマークされ、何事かと思い調べたら↓こんなことに。あらかじめ言っておきますけど、ハーゲンス関連のリンク先は遺体写真だらけなので苦手な方はうっかり踏まないよう…

海外で制作された「エレナ 究極のラブストーリー」ドキュメンタリー【※グロ注意】

久しぶりに「エレナ」で大量検索かけられた。これで3度目(何故か年1回のペースで話題にのぼる)。原因はまたもや2chまとめサイト(「TVで恐怖した瞬間【閲覧注意】」)。 「“エレナ”ってなんぞや?」という方は、ひとまず↓こちらを参照。 NECROPHILIA-死体…

「臨死体験・幽体離脱」のメカニズムを解明…米大学が研究発表

調べ物してたらこんなの見つけた。 「臨死体験・幽体離脱」のメカニズムを解明…米大学が研究発表(@サーチナ) 米ジョージ・ワシントン大学医学センターのチームはこのほど、人が死に臨んで体験するとされる、いわゆる「幽体離脱」のメカニズムが解明できた…

眼底検査の帰り道で“色彩の暴力”を受ける

ここ1,2年、急に飛蚊症がひどくなってきたんで眼科で診てもらうことにした。 一通りの視力検査を受けた後、【眼底検査】ってのを受けることになり、看護士さんから「5,6時間ほどモノが見えにくくなるので、その間、車や自転車の運転ができなくなるけど…

錯視、立体視に関する個人的メモ

『戦慄迷宮3D』観てきたけどなかなか難しいねえ、3Dは。被写体がフレームで切れると飛び出してる感が消滅する問題や、奥行きのある画ほど思ったほど奥行き感が出てくれないとか、いろいろ課題が多すぎる。3D映像を作る場合、視覚の補正作用ってどの程…

知られざる精子の世界

先日『世界まる見えテレビ特捜部〜楠田絵里子サヨナラSP〜』で放送されたイギリスCAHNNEL4制作「THE GREAT SPERM RACE 偉大なる精子競争」が面白かったので内容をまとめておくことにします。 番組自体は精子を人間の姿に置き換え受精に至るまでの過程をドラ…

ハーゲンス博士、“夫婦の営み”を人体標本で再現し裁判所に怒られる

いやー、お待たせしました!(え?誰も待ってない?) 3年ぶりにハーゲンス博士から新着情報が届きました。 2006年のDVD発売以降、これといって目立ったニュースのなかったハーゲンス博士。近年ではバッタもんの方が大活躍で、「ハーゲンス博士がまた訴えら…

3101号の献身〜死体農場〜

本屋へ行ったらこんな文庫が出てました。実録 死体農場 (小学館文庫)作者: ビルバス,ジョンジェファーソン,Bill Bass,Jon Jefferson,相原真理子出版社/メーカー: 小学館発売日: 2008/12/05メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 157回この商品を含むブログ (4件…

こんな自分でもそのときが来たらきっと死にたくなっちゃうんだろうな

来年正月に公開が予定されてる金城武主演『K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝』。その原作者である劇作家・北村想氏のブログに、昨年暮れ、こんな記事が上がっていた。 希死感(@北村想ポピュリズム) 鬱病を患ってる人の「希死感(自殺念慮)」というものが…

NHK『爆笑問題のニッポンの教養』、分子生物学者・福岡伸一インタビュー

面白かったんで個人的にメモ。 インタビューを受けたのはこの本の著者。生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)作者: 福岡伸一出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/05/18メディア: 新書購入: 56人 クリック: 1,487回この商品を含むブログ (1107件) を見る …

暖かくなるとまたヤツがやってくる

全国ウン百万人の低血圧に悩む皆さん、ごきげんいかがですか? 水野晴郎です(←違います)。今年は昨年以上に暑くなるらしいですねえ(そうですね!)。というわけで、毎度毎度連戦連敗のヤツとの本格対決に向けてお勉強です。今年こそは頑張りましょう! ま…

ビリーの誘惑に負けそう

このところ、気づけば「ビリーズ・ブートキャンプ」で検索かけてる。何故みんなあんなにも楽しそうなのか。ウン、キャニ!キャニ!キャニ!キャニ! サーコウサーコウサーコウサーコウ! ううっ、ワタシもビリーに「グッジョ〜ブ!」って言われたい。 運動は…

もう随分遠くへ来てしまったのだけれども・・・

『悪夢探偵』のDVDが出る前にもう一回「意識」「無意識」について調べ直さなければ。せっかく心理→認知→脳みそ→人体(解剖学)まで来たのに10年経ってまた振り出しに戻るのかよめんどくせー!(イライラ) 以下、個人的メモ。 「夢判断」ははるか昔に読んだ…

ハーゲンス博士の新着情報がきたーーーー!(from 東ドイツ)

ワタクシが個人的にその動向を注目してるドイツのお騒がせ教授、グンター・フォン・ハーゲンス博士が、いよいよ人体標本の商品化に乗り出したようです。 人体標本、商品化へ(@アメーバニュース) 東ドイツの不況にあえぐ小さな町の未使用工場が、グンター…

やはり低血圧には冗談抜きで「塩」らしい

もう今回の台風も強烈ですよ。今日一日全然使い物にならなかった。仕事進まんです。 とりあえず低血圧の人向けサポートサイトを見つけた。 低血圧Support Group 食事の項を見たら、「塩分を1日10g〜20g程度摂りましょう」となってた。でもね、センセイ、私む…

気圧と体の関係

えー、またしても台風にやられてます。今回は台風10号。ニックネームは「ウーコン」くん。中心気圧は982hPaだそうで、非常に歩みが遅く、なかなか過ぎ去ってくれません。今日はウーコンくんのせいで、朝からごっつい手をしたオッサンに後頭部から手を突っ込…

難問解いて記憶力強化

個人的メモ。はてブで拾った。 記憶力向上に「難問」が良薬? 東大チームがマウスで解明 勉強で難しい問題を解いている時などに出る脳波(シータ波)に、脳の“記憶装置”の神経細胞を増やす働きがあることを、東大大学院新領域創成科学研究科の久恒辰博助教授…

酔うので台風は2個同時に来ちゃダメ!

脆弱三半規管持ちにとって、台風は点滴です。いや、天敵です。頭フラフラする。 もうアネロン(酔い止め薬)飲もうかな。飲んじゃおうかな。 だって、このままじゃぜんぜん頭働かないんだもん。 ・・・いや、やはり、鍛えるのだ。三半規管も鍛えるのだ。 方…

ハーゲンス博士の人体解剖番組、ついにDVD化!

わたくしが個人的にその動向を追っているドイツの山師こと、“お騒がせ人体標本オジサン”グンター・フォン・ハーゲンス博士。彼がイギリスのテレビ局と共同で行った“人体解剖ライブ”が、ついにDVDとなって日本に上陸してきました。 人体解剖マニュアル ~一目…

死体にまつわる特殊なお仕事

はてブにまた興味深いブログが捕獲されてた。ほんとに世の中には頭のさがるお仕事がたくさんあるもんです。 「自殺・孤独死・事故死・殺人・焼死・溺死・ 飛び込み・・・遺体処置から特殊清掃・撤去まで施行する男たち」のブログ 特殊清掃「戦う男たち」 同じく…